先輩社員の声

小倉足元から宇宙までが仕事のフィールドです基幹産業事業本部 工事事業部 工事技術部 技術開発課
小倉(2016年)工学部 応用化学科卒

入社を決めた理由は?

「安定」
産業界にはそれぞれ分野ごとに好不況の波があるものですが、ニチアスは幅広い産業分野に製品・サービスを提供しており互いの好不況をカバーしあうことができるので、企業全体として見たときに、経営状態にとても安定感があります。そんな会社でなら安心して挑戦的に仕事に取り組むことができそうだと感じたことと、ひとつの会社で長く勤めたいという思いとマッチしていたことが魅力的でした。

「人柄」
選考の際に社員の方と接した際、対応がフレンドリーで優しく、こちらの話を真摯に聞いてくれたことをよく覚えています。さまざまな企業で就職活動を進める中で、この人達と仕事がしたいと一番強く感じたことが、入社の決め手になりました。

現在の仕事内容は?

「極低温で使用される保冷材の開発」
メインの業務は極低温(-200℃程度)で使用される硬質ウレタンフォーム断熱材の開発です。
さまざまな用途に使用されるウレタンですが、入社2年目から数年間、ロケットの断熱材として使用されるウレタンの開発に携わったことが印象に残っています。
原料の選定・調達、ウレタン試作、性能評価は研究所で行いますが、技術説明のためにお客様のもとに赴いたり、工場で大規模な試作をしたり、ロケットの製造に立会ったりと外出している日のほうが多い月も少なくありませんでした。苦労もありましたが数年をかけて無事製品化し、大きなやりがいを感じることができました。現在は新たなウレタンの開発に着手しています。

ニチアスの良いところは?

「社内にさまざまな技術のプロフェッショナルがいる」
ニチアスはさまざまな産業分野向けに多くの製品を開発・製造しており、社内にはそれぞれ、その製品の技術のプロがいます。そのため、開発の困りごとに対してまったく異なる製品の技術が役立つこともあるのですが、各技術のプロにアドバイスをもらえたりすぐに相談できたりする、広い視点からあたりまえにとらわれない開発業務に取り組める環境がニチアスには整っています。
お客様から頂く困りごとの相談に対しても同様に、自分が専門外の分野であれば社内の詳しい人に教えてもらうことで適切な対応ができており、多様な知識・技術をもった方々の存在はとても心強いです。

仕事で心掛けていることは?

「率直な意見交換ができる関係つくり」
製品開発は社内外のさまざまな人と関わりながら仕事をします。
仕事をスムーズに行うためには円滑なコミュニケーションが不可欠であり、率直に疑問点や困りごとなどを相談できる関係であることが重要だと思っています。そのために、仕事で関わる人とは積極的にコミュニケーションをとり、お互いに信頼できる関係づくりを心掛けています。

「相手にあわせた説明」
開発の仕事をしていると、当たり前の情報でも営業やお客様にとっては初めて知る情報なこともあります。
相手が製品や技術、経緯などにどれだけ精通しているかを判断しながら、適切な説明の仕方、情報の噛み砕き方を考えて話すようにしています。

学生の皆さんに向けてメッセージ

「専門によらずたくさんの企業を見てみてください」
私自身、就職活動ではシステム開発や商社、製薬、家具メーカーなどたくさんの企業の説明会に行き、選考を受けました。
実際に就職するのは1社ですが、それぞれの会社を比較することで見えてくることもあると思います。
私は学生時代、無機化学を学んでいたので入社までウレタンに関する知識はまったくありませんでした。学生時代の専攻分野が仕事で役立つことももちろんありますが、就職して業務に携わればそれ以上に学びと実践の場がありますので、専攻分野外の製品と関わることになっても活躍のチャンスは広がっています!
就職活動で学んだ企業知識が仕事で役立つことも実際にありました。いろいろな企業を知っていることは大きな価値があるとも思います。

もっと知りたい方へ

事業概要  ニチアス技術時報

このページの先頭へ