お客さまとのつながり

ニチアスグループは、お客さまにとって安全・安心な製品の提供、および、お客さまに役立つ製品・サービスの提供を推進しています。

安全・安心な製品の提供

お客さまに信頼される品質への取り組み

お客さまに安心して使っていただける製品を継続的に提供するため、製品の企画・設計から廃棄まで、そのステージに応じて厳しく審査する仕組みを設けています。

「開発」「設計」「技術」「製造」「販売」「品証」「環境」の各部門がそれぞれの専門的見地から連携し、製品の品質と安全性や信頼性、生産プロセスの妥当性を厳しく審査しています。

品質マネジメントシステム

当社グループでは、120余年の歴史で培った独自のシステムとISO9001を融合した、固有の品質マネジメントシステムを構築し、幅広い事業と多様な製品群の品質保証活動を推進しています。各製造事業場ではISO9001認証の取得を推進し、現在では国内外の製造工場や製造子会社など多数の事業場にて認証を取得しています。また公的認定製品は専門の組織を置き、その適合性を管理しています。

製品の安定供給

当社グループは幅広い産業になくてはならない製品・サービスを提供しています。したがって製品供給が滞ることなく、継続的に事業活動を行っていくためのBCP対策は極めて重要な経営課題です。

災害発生時などで製品供給が途絶えた場合のお客さまへの影響度合い、市場での重要性、他社製品も含んだ代替品への切り換えの可能性なども勘案し、製品供給の確保に努めています。また、企業活動を支える従業員の安全確保も重要な課題です。この2点をBCP対策の基本課題として、各種対策に取り組んでいます。

2020年度はニチアスセラテック中野第2工場が竣工しました。断熱材製品の加工工程の生産能力増強と効率化、そして災害、環境リスクの回避を目的として建設しました。

ここ数年、巨大台風による鉄塔、構築物の倒壊・飛散が報じられています。当社グループには、古くから操業している事業場もあり、強風により当社構築物の倒壊・飛散の危険性がないか、2019〜2020年度でリスク判定を行いました。その結果、飛散のおそれのあるスレートへのカバー屋根施工(羽島工場)、屋根上大型看板の撤去(袋井工場)、グランド周囲のネットの昇降設備設置(王寺工場)など、抽出された全16件のリスク低減措置を図っています。


ニチアスセラテック中野第2工場


昇降設備が設置されたグランド周囲のネット(王寺工場)

コロナ禍におけるお客さまとのつながり

感染予防と安全対策を踏まえた操業の継続

石油精製・石油化学などプラントの建設工事やメンテナンス工事を請け負う基幹産業事業本部では、新型コロナウイルス感染の広がりを受けて、「三つの密」が生じやすいと考えられる工事現場において、「感染防止のための基本的な考え方」と「講じるべき具体的な対策」を踏まえ「工事現場における感染予防対策」を策定しました。

  • 従業員や作業員に対し、出勤前に、体温や新型コロナウイルスの感染が疑われる9項目の確認により初動対応の徹底を図り、勤務中に体調が悪くなった場合には、直ちに帰宅させ、自宅待機とする。
  • 車両での移動時のマスク着用、窓開けによる換気、エアコン使用時の外気導入など。
  • 現場での十分な距離の確保、詰め所入室前の消毒、換気の励行など。

これらの対策により、お客さまの安定操業に貢献し社会インフラの提供を維持することと、新型コロナウイルス感染拡大防止の両立を図り事業運営いたしました。

現場の声
「初動」を第一に活動しています

基幹産業事業本部 東京第一営業部 千葉工事課
主席専任職 西村 亮

工事現場では「工事現場における感染予防対策」の徹底に加え、感染が疑われる作業員には自主的にPCR検査を実施するなど、「初動」を第一に活動しています。お客さまからは当社の感染拡大防止に対する積極的な取り組み姿勢について高く評価いただいています。これからも感染予防対策を含めた衛生面での管理と安全第一を徹底して活動してまいります。

WEB会議システムを活用した営業活動

2020年度は新型コロナウイルス感染症の拡大を受けて、ソーシャルディスタンスや3密の回避など負のイメージが強かったいっぽうで、テレワークをはじめとした働き方改革が一気に進んだという側面もありました。

お客さまとの打ち合わせにおいてもWEB会議システムを活用した営業活動を行うようになりました。特に2020年4、5月にかけての緊急事態宣言解除後は対面会議とオンライン会議それぞれの良いところを活かして、お客さまに対してより適切で効率的な提案が行えるように活動しています。


WEB会議システムを活用した打ち合わせ

GASKET工房™

石油精製・石油化学プラントにおける定期メンテナンスでは、当社のガスケットが緊急で必要になることがあります。当社の「GASKET工房」はお客さまのプラント構内に設置し、その場でシートガスケットの加工が可能な、移動式サービスカーです。

設備の安全な稼働のために、コロナ禍でも定期メンテナンスは実施されます。2020年度はGASKET工房内の換気、フェイスシールドの装着、消毒液・飛沫防止フィルム設置、体温測定実施などの対策を施したうえで全国各地のプラントを回り、お客さまにご利用いただきました。

GASKET工房はこれからも感染対策を実施し、プラントメンテナンスを支えてまいります。


GASKET工房


コロナ対策の一例(車内換気の実施)

このページの先頭へ