ニチアス

ニチアス

   

お知らせ

News

「ニチアスグループカーボンニュートラル宣言」の見直し(新目標の設定)について

2024/04/01 お知らせ

 ニチアスグループは2021年4月に「2050年までにカーボンニュートラル達成」を宣言し、グループの二酸化炭素などの温室効果ガス(以下GHG:Greenhouse Gas)の排出量削減目標を制定しました。その後も世界は、地球温暖化の進⾏により⾃然災害の激化や⽣物多様性への影響が懸念されているなか、脱炭素社会の実現に向け、自然共生型のサステナブルな経済活動への転換が求められています。

 また国際的な枠組みであるパリ協定は、世界全体の気温上昇を2℃以下に抑えるとともに、さらに努⼒⽬標として1.5℃までに留めることを求めています。

 

 当社グループでは、2021年度よりGHG排出量削減の活動を進めてまいりましたが、活動が順調に進捗し、当初定めた2030年のマイルストーンである2019年度比GHG排出量30%削減目標を、2024年度末に達成する見込みとなりました。

 

 そこで当社グループは、地球環境への影響のさらなる軽減を⽬指し1.5℃に抑えるパリ協定の努⼒⽬標にチャレンジするため、カーボンニュートラル宣言を改定いたしました。

 

▶ニチアスグループカーボンニュートラル宣言

 

 具体的には、自社の直接GHG排出量(Scop1+2)の2030年目標を、2019年度比で30%削減の18.8万t-CO2eqから2021年度比42%削減の14.8万t-CO2eqに変更しました。

また、新たにサプライチェーンにおけるGHG排出量(Scope3)目標を2030年に25%削減(2021年度比)と設定しました。

 

 この新たな目標値は、国際的な気候変動イニシアチブであるSBTi(Science Based Targets initiative)の目標値に準拠しており、現在、当社においてSBT認証に向けた準備をしております。

 

 当社グループは、2050年カーボンニュートラルを目指し、自社の事業活動におけるGHG排出量を削減するとともに、省エネルギー性能の向上に寄与する製品の開発・拡販を実施することで、サプライチェーンでのGHG排出量を削減してまいります。