お知らせ・ニュース

1000℃で使用可能な超高温用うず巻形ガスケット「ボルテックス®ガスケット-NM」発売

2019年7月3日

 弊社は,超高温用うず巻形ガスケット TOMBO™ No.1838R-NM「ボルテックス®ガスケット-NM」を2019年7月1日より発売しました。
「ボルテックス®ガスケット-NM」は従来のガスケットでは使用できなかった最高使用温度1000℃で使用可能で,優れたシール性を発揮するガスケットです。水系や油系、ガス系のほか、酸化性酸や酸化性塩などの流体に対応します。

 「ボルテックス®ガスケット」の構造は,「フープ」といわれる金属製薄帯板と「フィラー」といわれる非金属材料のシール材を、交互にうず巻き状に巻き上げ両端を溶接しています。そしてフィラーには膨張黒鉛やPTFE,マイカなどの種類があり、使用温度や流体といった条件に応じて使い分けられています。しかし従来のフィラーでは、汎用品は450℃を超える環境では使うことができませんでした。また、800℃まで使うことができる高温用の製品もありますが、流体が酸素を含む場合など条件によってはフィラーが消失するリスクがありました。

 そこで弊社は,超高温領域でも消失せず,かつ緻密でシール性に優れたオリジナルのフィラーを開発し、ガスケットに応用しました。「ボルテックス®ガスケット-NM」は高温領域の不安を断つ新しい「ボルテックス®ガスケット」であり,プラントの安全操業に貢献します。

お問い合わせ先:工業製品事業本部(03-4413-1134)


TOMBO™ No.1838R-NM
「ボルテックス®ガスケット-NM」

このページの先頭へ