ログイン

メールアドレス
パスワードの再発行

お問い合わせ

  • 電話でのお問合せ
  • お客様情報
  • お問い合わせ内容
  • ご確認画面
  • 完了画面

最寄りのご連絡先


検索中
検索できませんでした。メールでお問い合わせください。
最寄りのご連絡先を検索するために、ブラウザの位置情報取得を許可してください。

お問い合わせ

  • 電話でのお問合せ
  • お客様情報
  • 問い合わせ内容
  • ご確認画面
  • 完了画面

お客様情報

お名前 (※)

例:ニチアス太郎 ※全角入力

ふりがな (※)

例:にちあす たろう ※全角入力

勤務先

例:ニチアス株式会社

部署名

例:総務部

郵便番号

例:105-8555 ※半角入力

海外の方は000-0000と入力してください

地域
住所
電話番号

例:03-3438-9731 ※半角入力

Eメール(※)

例:XXX@nichias.co.jp ※半角入力

Eメール(確認用)(※)

例:XXX@nichias.co.jp ※半角入力

(※)は必須項目です

お問い合わせ

  • 電話でのお問合せ
  • お客様情報
  • 問い合わせ内容
  • ご確認画面
  • 完了画面

問い合わせ内容

お問い合わせの種類

お問い合わせ内容記入欄

お問い合わせ

  • 電話でのお問合せ
  • お客様情報
  • 問い合わせ内容
  • ご確認画面
  • 完了画面

ご入力情報の確認

お客様情報
お名前
ふりがな
勤務先
部署名
郵便番号
ご住所
電話番号
Eメール
お問い合わせ内容
お問い合わせの種類
お問い合わせ内容

お問い合わせ

  • 電話でのお問合せ
  • お客様情報
  • 問い合わせ内容
  • ご確認画面
  • 完了画面

送信完了

お問い合わせありがとうございます。ご記入いただきました連絡先宛に確認のメールをお送りしましたのでご確認宜しくお願い致します。

ご回答を差し上げますので恐れ入りますが今しばらくお待ちください。

迅速な対応を心がけておりますが、場合によっては回答までお時間がかかる場合もございます。 予めご了承ください。

取扱説明書

カンプロファイルガスケット

No.G-M-204-R3 (2019/5/17改訂)

【目次】

1.はじめに

2.カンプロファイルガスケットとは

3.対象製品

4.保管上の注意事項

5.選定及び設計上の注意事項
 5.1.ガスケット選定上の注意事項
 5.2.設計上の注意事項

6.使用上の注意事項
 6.1.取付方法
 6.2.ボルト・ナット
 6.3.締付方法
 6.4.取り扱いについて
 6.5.大口径カンプロファイルガスケットについて

7.廃棄に関する注意事項

8.その他の注意事項
 

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

1.はじめに

 この取扱説明書は、カンプロファイルガスケットを正しくお使いいただくために、設計・選定、保管、装着、廃棄等における注意事項を示すもの
 です。
 ご使用の際は、この取扱説明書をよく読んでからお使いください。
 カンプロファイルガスケットは、本来の使用目的である“ガスケット”以外の用途には使用しないでください。

 

 

2.カンプロファイルガスケットとは

 カンプロファイルガスケットは、特殊溝形状を刻んだ金属リングの両面に、膨張黒鉛シートやPTFE シートを貼り合わせたセミメタリック
 ガスケットです。凹凸のある溝形構造をしていることから、高温・高圧流体に対しても比較的低い締付面圧でシールすることができ、
 かつ凸部の形状をフラットにしてフランジへのダメージも通常のノコ歯形メタルガスケットに比べて大幅に低減した構造が特長です。
 

 

3.対象製品
 この取扱説明書は、弊社の取り扱う次のカンプロファイルガスケットを対象として作成したものです。
       TOMBO No.:1891-GRシリーズ、1891-TFシリーズ

 

 

4.保管上の注意事項
 カンプロファイルガスケットを保管する際には、次の点について注意してください。

  (1) ガスケットは包装を解かずに屋内の冷暗所に保管してください。保管期間は3年を目処として、それ以上の期間保管されたものについては
   弊社にご相談ください。

  (2) ガスケットは立て掛けたり、吊した状態で保管しないでください。

  (3) ガスケットは曲げたり、ねじったり、押したり、引っ張ったりしないでください。

  (4) 梱包の上に物を置いたり、梱包の上を歩かないでください。

 


5.選定及び設計上の注意事項

 5.1. ガスケット選定上の注意事項
  (1)設計温度・圧力及び使用流体に十分耐える材質を選定してください。
   表層材が膨張黒鉛の場合(TOMBO No. 1891-GR)、次に示す強酸化性流体には使用できませんので、ご注意ください。
   また、腐食性流体に使用する場合、本体は流体に耐性のある金属材質を選定してください。

  (2) 製作可能なガスケット形状は円形のみで、全面座用ボルト穴付き、異型(トラック・楕円など)は製作できません。
    ハンガーの取り付けについては、図2(フランジ座と適正ガスケット形状)に従って選定してください。
    なお、必要に応じて枝付きも製作可能です。

  (3) 全面座(F.F.)フランジに使用する場合の注意事項
   ①センタリングを確実に行えるようにハンガー付き、もしくは外輪付きとしてください。
    ※ASME、JPI クラス150、300 24B以下、JIS10K、20K 600A以下 は外輪付きとしてください。

   ②ハンガーを取り付ける際は、以下をご指定ください。

   ③ガスケットの内径、外径を設定する際は、以下を参考としてください。

   <外径>
    フランジのPCDからボルト穴径を引いた値にボルトガタ(=ボルト穴径とボルト径の差)分を引き、更に安全のため5㎜小さくしてください。
    安全分は適正であるかフランジの公差から確認してください。

    ガスケット外径(㎜)=PCD-ボルト穴径-(ガタ×2)-5
    ガタ:ボルト穴径-ボルト径
 
   <内径>
    ガスケット内径は締付荷重Wm1~Wm3の最大値を確保できる接触面積になるよう幅を選定し、ガスケット内径を定めてください。

   ④フランジローテーション(たわみ)に対する注意
    カンプロファイルガスケットを全面座(F.F.)フランジに使用した場合は、ガスケット外径箇所を支点として、フランジローテーション
    (たわみ)が大きくなる傾向にあります。フランジ強度に問題がある場合、使用できない場合がありますのでご注意ください。
    その場合は、TOMBO No.1880-GR CMGCガスケットの全面座形状をお勧めします。

 

 (4) 平面座(R.F.)フランジに使用する場合の注意事項
   ガスケットの内径、外径を設定する際は、以下を参考としてください。

    <外径>
    RF座の径からボルトガタ(=ボルト穴径とボルト径の差)分を引き、更に安全のため5㎜小さくしてください。
    安全分は適正であるかフランジの公差から確認してください。

    ガスケット外径(㎜)=RF座径-(ガタ×2)-5
    ガタ:ボルト穴径-ボルト径

    <内径>
    ガスケット内径は締付荷重Wm1~Wm3の最大値を確保できる面積になるよう幅を選定し、ガスケット内径を求めてください。

 (5) 溝形フランジに使用する場合の注意事項
    <外径>
    溝形とのクリアランスが表3に示す“a”になるように設定してください。
    ガスケット外径 = フランジ溝形外径 - (クリアランス a ×2)


    <内径>
    ガスケット内径は締付荷重Wm1~Wm3の最大値を確保できる面積になるよう幅を選定し、ガスケット内径を求め、表3に示すクリアランス
    “b”であることを確認してください。

    <溝深さ f >
    ガスケット厚さ4.0㎜のときのフランジ溝深さ f は表4の値を推奨します。
    M&F、T&Gはフランジ同士の合わせを考えて、溝深さは5.0㎜以上と深めにしてください。

 5.2. 設計上の注意事項
  (1)シールに必要なガスケットの締付荷重は次のとおりです。
    ①通常の液体シール
     JIS B 8265等に規定されたWm1、Wm2のうち大きい方の荷重がシールに必要な荷重です。

    ②ガス等漏れやすい流体のシール
     JIS B 8265等に基づく締付荷重では、ガス系流体は浸透漏洩する恐れがあります。
     Wm1、Wm2に加えてガスケット接触面積当たりに次表のσ3の面圧がかかる締付荷重を計算し、このうち最も大きい荷重がシールに必要な
     荷重です。

                 表5 設計基準

  (2)フランジ及びボルトは、ガスケットに必要な締付面圧を与えることが出来る充分な強度を持ったものとしてください。
     特にJIS、JPI等の規格フランジの場合、ボルトはSNB7等以上の高張力ボルトを使用することをおすすめします。

  (3)ガスケット座はJIS B 2220-2012の旋削仕上げとし、推奨表面粗さは、次のとおりです。
         液体シールの場合6.3μmRa以下
         ガスシールの場合3.2μmRa以下

  (4)カンプロファイルガスケットの標準寸法は下記のとおりです。厚さ2.3㎜、5.0㎜もございますので、お問い合わせください。
 

 

6.使用上の注意事項

  6.1. 取付方法
  (1)ガスケットを取り付ける前にフランジ表面を清掃し、異物やキズの無いことを確認してください。

  (2)ガスケットは無理な状態で取り扱わないでください。

  (3)ガスケットはフランジの片側に寄らないよう、適正な位置に置いてください。

  (4)ガスケットの再使用はできません。


 6.2. ボルト・ナット

  (1)ボルト・ナットの付着物、錆、バリなどを取り除いて使用してください。ネジ部いっぱいまでナットを手で締めることが出来ない場合は、
     もう一度きれいに掃除するか、取り替えてください。

  (2)ボルト、ナットは使用条件およびフランジに適したものを使用してください。ナットは、ボルトより20%程度強度が高いものをお勧めします。

  (3)ボルトは装着前に、潤滑剤を塗布してください。潤滑剤を使用しないと、ネジ部等の摩擦に負荷したトルクが消費されてしまい、
     ガスケットに必要な面圧が掛からなくなる場合があります。なお、潤滑剤は、ボルト、ナット、ワッシャー材質および使用条件に
     適したものを使用してください。

 6.3. 締付方法
  締付不足、片締め、過剰な締付があるとガスケットの性能を十分発揮することが出来ませんので、次の要領で適切な締付を行ってください。

   ①ボルトの材質、サイズが正しいかどうか確認してください。

   ②ボルト及びナットのネジ部、ワッシャには潤滑剤を薄く塗布してください。

   ③ガスケットに必要な締付面圧からボルトに必要な締付トルクを算出してください。

   ④ボルトの締付けは、対角位置を順番に締め付けてください。(図6参照)             

 


    均一な面圧を得るために、所定のトルクを4~5段階に分けて徐々に強く締め付けてください。 
    最後に時計回りで1~2周所定の締付トルクで締め付けてください。
    所定の締付トルクで一気に締め付けると片締めになり漏れの原因となります。

   ⑤運転開始または再スタートの際には、初期締付トルクで増し締めを行ってください。

   ⑥漏洩した場合は、流体圧力を取り除いた後に、初期締付トルクまで増し締めを行ってください。
    増し締めを行っても漏れが止まらない場合には、新しいガスケットと交換してください。
    フランジ締付の方法には、ASME PCC-1のフランジ継手締付指針(上記方法)の他に、より高い信頼性と作業性の両立を求めたJIS B 2251-2008
    (フランジ継手締付け方法)があります。いずれかの締付方法で締付を行ってください。
    締付不足、片締め、過剰な締付があるとガスケットの性能を十分発揮することが出来ません。ボルトの締め付け方法として、対角位置にある
    ボルトを順番に締め付けていく“対角締め”が広く採用されていますが、2008年、JIS B 2251 にジョイントシートおよび、うず巻形
    ガスケット(ボルテックス®ガスケット)のフランジ継手締付方法が制定されましたので、以下にご紹介いたします。

  6.4. 取り扱いについて
  カンプロファイルガスケットは表層に膨張黒鉛およびPTFEを貼り付けているため、ガスケット表面に傷がつきやすく、金属が見えるまで傷が
  入ると、漏れの原因となることがありますので、取り扱いに注意してください。

  6.5. 大口径カンプロファイルガスケットについて
  大口径のガスケットは変形しやすく、取り扱いが不適切な場合にはシール性の低下を招く可能性がありますので、取り扱いの際には以下の点にも
  注意してください。

  (1)輸送
   ガスケットを輸送するときは平積みにしてください。立て掛けて輸送する場合には当て木を用いてガスケット(梱包)が反らないようにしてください。

  (2)積み卸し
    積み卸しは木枠及び段ボール板が反らないようにしてください。また、フォークリフトの爪で梱包を傷つけないように扱ってください。

  (3)組み付け現場までの移動
    梱包のまま取付箇所の近くまで運んでください。

  (4)解梱
    梱包を解くときは平らな場所または台上で行ってください。

  (5)梱包からの取り出し
    木枠梱包を外すと、ダンボール板に粘着テープ及び緩衝材で固定されています。緩衝材を取り除いた後、ダンボール板の外周をガスケットごと
   静かに持ち上げてください。持ち上げるときにガスケットに反り、ねじれ、ゆがみが生じると破損が起こる場合があります。

  (6)ガスケットの持ち方
   ①監督者を決めて、全体の指揮をとってください。
   ②外輪やハンガーのみに手をかけると、外輪・ハンガーが破損する可能性があります。必ず本体に手がかかるように持ってください。
   ③製品は平行に保ち、部分的に垂れないようにしてください。
   ④製品を立てるときは、横から製品がねじれていないか確認しながら起こしてください。
   ⑤製品を垂直に立てたとき、製品を床に置かないでください。
 

 

7.廃棄に関する注意事項

 カンプロファイルガスケット及びこれらの使用済み品を処分する場合には、焼却せずに『廃棄物の処理及び清掃に関する法律』に従い、
 産業廃棄物として処分してください。

 

 

8.その他の注意事項

 労働衛生上の注意については、SDS(製品安全データシート)にて確認してください。


                                                                    以上

 


注意事項

本資料記載の内容は、あくまで記載の条件下における情報を提示するものであり、すべての条件を網羅していない可能性があります。また、本資料作成にあたっては内容の正確性に最大限の注意を払っておりますが、本資料内のすべての情報、説明、推奨事項が、何らかの保証を行うものではないことをご了承ください。本資料には、当社の知見・ノウハウ等の機密情報が含まれます。本資料の全部または一部を本提出目的以外に使用することおよび第三者に開示することはご遠慮ください。本資料に記載の使用方法等が第三者の知的財産権を侵害しないことを保証するものではございません。


 

Page Topへ
目次へ