ログイン

メールアドレス
パスワードの再発行

お問い合わせ

  • 電話でのお問合せ
  • お客様情報
  • お問い合わせ内容
  • ご確認画面
  • 完了画面

最寄りのご連絡先


検索中
検索できませんでした。メールでお問い合わせください。
最寄りのご連絡先を検索するために、ブラウザの位置情報取得を許可してください。

お問い合わせ

  • 電話でのお問合せ
  • お客様情報
  • 問い合わせ内容
  • ご確認画面
  • 完了画面

お客様情報

お名前 (※)

例:ニチアス太郎 ※全角入力

ふりがな (※)

例:にちあす たろう ※全角入力

勤務先

例:ニチアス株式会社

部署名

例:総務部

郵便番号

例:105-8555 ※半角入力

海外の方は000-0000と入力してください

地域
住所
電話番号

例:03-3438-9731 ※半角入力

Eメール(※)

例:XXX@nichias.co.jp ※半角入力

Eメール(確認用)(※)

例:XXX@nichias.co.jp ※半角入力

(※)は必須項目です

お問い合わせ

  • 電話でのお問合せ
  • お客様情報
  • 問い合わせ内容
  • ご確認画面
  • 完了画面

問い合わせ内容

お問い合わせの種類

お問い合わせ内容記入欄

お問い合わせ

  • 電話でのお問合せ
  • お客様情報
  • 問い合わせ内容
  • ご確認画面
  • 完了画面

ご入力情報の確認

お客様情報
お名前
ふりがな
勤務先
部署名
郵便番号
ご住所
電話番号
Eメール
お問い合わせ内容
お問い合わせの種類
お問い合わせ内容

お問い合わせ

  • 電話でのお問合せ
  • お客様情報
  • 問い合わせ内容
  • ご確認画面
  • 完了画面

送信完了

お問い合わせありがとうございます。ご記入いただきました連絡先宛に確認のメールをお送りしましたのでご確認宜しくお願い致します。

ご回答を差し上げますので恐れ入りますが今しばらくお待ちください。

迅速な対応を心がけておりますが、場合によっては回答までお時間がかかる場合もございます。 予めご了承ください。

FAQ - ふっ素樹脂ガスケットに関するFAQ


Q1 PTFE被覆ガスケットは、なぜ圧縮破壊しやすいのですか?

A

フランジとの摩擦力が小さく、締め付けたときにガスケットが滑り、径方向へ変形しやすいためです。

PTFE被覆ガスケットは、ジョイントシートなどの中芯材を、PTFEの外皮で被覆した構造をしています。

シール面がPTFEで覆われているため、非汚染性、耐薬品性に優れている反面、フランジとの摩擦力が小さく、締付による径方向への変形が生じやすくなっています。その変形に中芯材が追従できなくなったときに、圧縮破壊を起こします。以下に、模式図でご紹介します。

 

以上の理由により、PTFE 被覆ガスケットの許容締付面圧はジョイントシートなどに比べるとかなり小さくなっています。このガスケットは、最小締付面圧(水油系流体:9.8N/mm2、ガス系流体:14.7N/mm2)と許容締付面圧(29.4N/mm2)の差が小さく締付範囲が狭いので、適切な工具(トルクレンチなど)を用いて目標の締付トルクで締め付けることが必要です。

 

また、ガスケットをふっ素樹脂などのライニング配管やコーティング配管に使用する場合、ライニング材とPTFE外皮の摩擦力がさらに小さくなるため、通常の金属フランジに使用した場合よりも径方向への変形が大きくなり、より圧縮破壊が起こり易くなります。

 

圧縮破壊の対策として、TOMBO No.1133など充填材入りふっ素樹脂ガスケットに変更することも有効です。

 

★関連FAQ:ジョイントシートにペーストを使用すると、なぜ許容締付面圧が低下するのでしょうか?

一覧へ

Q2 PTFE被覆ガスケットを使用するとき、気を付けることはありますか?

A

浸透した流体による中芯材の劣化や、施工時のPTFE外皮のめくれなどに注意が必要です。

◎流体の浸透による中芯材の劣化・破損

一部の流体では、外皮のPTFEの内部を流体分子(ガス)が透過する、浸透という現象が起こります。例えば、硝酸、エチレンオキサイド、ハロゲン(塩素、臭素など)、溶融硫黄、モノクロロ酢酸などはPTFEの浸透性が高い流体として知られています。これらの流体は、PTFEを侵すことはありませんが、ジョイントシートなどの中芯材を劣化させ、ガスケットの機能を損ない、漏れにつながることがあるため、注意が必要です。

対策として、ふっ素樹脂ガスケット(TOMBO No.1133など)にすることが効果的です。

 

また、モノマー類(塩ビモノマー、スチレンモノマー、ブタジエンモノマーなど)は、浸透したモノマーが中芯材と外皮の間で重合して膨れ、ガスケットを破損させることがあります。

対策として、早めに交換するか、モノマーライン用ガスケット(TOMBO No.9007-ML)に変更することが効果的です。

 

◎施工時の外皮のめくれ

メンテナンス等で、フランジの面間を十分に拡げられない状態でガスケットを装着する場合、外皮がフランジの座の端部にぶつかり、折れ曲がった状態で装着される場合があります。この状態では正しく機能せず、流体のシールが出来ない可能性があるため、PTFE 外皮が折り曲がらないように十分注意して装着する必要があります。

◎過剰締付による圧縮破壊

PTFE被覆ガスケットは許容締付面圧が小さいので、適切な工具(トルクレンチなど)を用いて目標の締付トルクで締め付けることが必要です。

★関連FAQ:PTFE被覆ガスケットは、なぜ圧縮破壊しやすいのですか?

 

◎負圧で使用したときの外皮の引き込まれ

負圧条件では、PTFE 外皮がフランジの内径側に引き込まれる場合があるため、外皮も全面座形状にしたり、外周を溶着するまたは縫製するなどの対策が必要です。

★関連FAQ:負圧用途では、どのようなことに注意すべきでしょうか?

 

 

その他の注意事項については、ガスケットカタログ および 取扱説明書もご参照ください。

一覧へ
Page Topへ