ログイン

メールアドレス
パスワードの再発行

お問い合わせ

  • 電話でのお問合せ
  • お客様情報
  • お問い合わせ内容
  • ご確認画面
  • 完了画面

最寄りのご連絡先


検索中
検索できませんでした。メールでお問い合わせください。
最寄りのご連絡先を検索するために、ブラウザの位置情報取得を許可してください。

お問い合わせ

  • 電話でのお問合せ
  • お客様情報
  • 問い合わせ内容
  • ご確認画面
  • 完了画面

お客様情報

お名前 (※)

例:ニチアス太郎 ※全角入力

ふりがな (※)

例:にちあす たろう ※全角入力

勤務先

例:ニチアス株式会社

部署名

例:総務部

郵便番号

例:105-8555 ※半角入力

海外の方は000-0000と入力してください

地域
住所
電話番号

例:03-3438-9731 ※半角入力

Eメール(※)

例:XXX@nichias.co.jp ※半角入力

Eメール(確認用)(※)

例:XXX@nichias.co.jp ※半角入力

(※)は必須項目です

お問い合わせ

  • 電話でのお問合せ
  • お客様情報
  • 問い合わせ内容
  • ご確認画面
  • 完了画面

問い合わせ内容

お問い合わせの種類

お問い合わせ内容記入欄

お問い合わせ

  • 電話でのお問合せ
  • お客様情報
  • 問い合わせ内容
  • ご確認画面
  • 完了画面

ご入力情報の確認

お客様情報
お名前
ふりがな
勤務先
部署名
郵便番号
ご住所
電話番号
Eメール
お問い合わせ内容
お問い合わせの種類
お問い合わせ内容

お問い合わせ

  • 電話でのお問合せ
  • お客様情報
  • 問い合わせ内容
  • ご確認画面
  • 完了画面

送信完了

お問い合わせありがとうございます。ご記入いただきました連絡先宛に確認のメールをお送りしましたのでご確認宜しくお願い致します。

ご回答を差し上げますので恐れ入りますが今しばらくお待ちください。

迅速な対応を心がけておりますが、場合によっては回答までお時間がかかる場合もございます。 予めご了承ください。

FAQ - パッキンに関するFAQ


Q1 流体が粉体の場合に推奨するパッキンは何でしょうか?

A

強度が高いアラミド繊維を使用したパッキン(TOMBO No.9040、TOMBO No.9040-W等)をお勧めいたします。

流体が粉体や粘性の高い樹脂、スラリーの回転機(ニーダー、混練機、回転式乾燥機など)では、固体粒子がパッキンを攻撃し、パッキンが磨耗する可能性があります。この様な場合には、強度が高いアラミド繊維を使用したパッキンを推奨いたします。

<パッキンの選定例>

TOMBO No. 9040
アラミドファイバーパッキン
防弾チョッキにも用いられるケブラー繊維を使用した高強度のパッキン。
TOMBO No. 9040-W
アラミドファイバーパッキン-ホワイト
TOMBO No. 9040よりも柔らかく、シャフトへの攻撃性は低い。

アラミド繊維を使用したパッキンは強度が高い特徴を有している反面、シャフトやスリーブへの攻撃性は、他のパッキンに比べて やや高くなります。
シャフトやスリーブへの攻撃性を低くしたい場合には、以下のパッキンを推奨いたします。

・TOMBO No. 9039 炭化繊維パッキン(PAN系炭素繊維)
・TOMBO No. 9077-L ナフロンカーボンファイバーパッキン-L(炭素繊維) 
・TOMBO No. 9038 ジーフロンパッキン(黒鉛入りPTFE繊維)

一覧へ

Q2 低温で推奨するパッキンは何でしょうか?

A

膨張黒鉛を使用したパッキン(TOMBO No.2280-S等)をお勧めいたします。PTFEを使用したパッキンは推奨いたしません。

マイナス側の温度でも特性の変化がほとんどない、膨張黒鉛製のパッキン(TOMBO No.2280-S等)を推奨致します。

パッキンには基材もしくは潤滑剤にPTFEを用いているものが多いですが、PTFEは熱収縮が大きいため、低温時には以下の性能低下が起きる可能性があります。

・収縮して隙間ができたり、シール性が悪くなる。
・硬化して馴染みや追従性が悪くなる。

そのため、特にPTFEでなければならない場合を除いてはPTFEを使用しているパッキンは避けた方が良いです。

第一推奨 マイナス側の温度でも特性の変化がほとんどない膨張黒鉛製パッキン
*TOMBO No.2280-S等
第二推奨 基材にPTFEを使用していないパッキン(ディスパージョンのみにPTFEを使用しているパッキン)
*バルブ用 TOMBO No.9077、2940
*回転用 TOMBO No.9038、9077-L

 

一覧へ

Q3 摺速・PV値とは何ですか?

A

摺速は軸表面の速度、PV値は圧力と摺速の積のことです。

摺速=摺動速度とは単位時間あたりに動く軸の距離のことで、次式で計算されます。

    摺速(m/sec)= 軸径(mm)×円周率π×回転数(rpm)÷1000÷60

    ※1 rpmは、回転毎分(英語:rotation per minute)の略で、回転などの周期的現象が1分間に繰り返される回数を示す単位

    ※2 計算例) 軸径60φ、回転数1500rpmの場合

            60 (mm)×3.14×1500 (rpm) ÷1000÷60 = 4.7 (m/sec)

 

PV値とは圧力と摺速を併せた使用範囲のことで、次式で計算されます。

   PV値=圧力(P)×摺速(V)

   ※1 回転機器用パッキンを選定する場合は、圧力、摺速に加えてPV値も考慮する必要があります。

一覧へ
Page Topへ